2010年05月18日

口蹄疫

万木ゆたかのブログ: 口蹄疫
宮崎県で家畜感染症の口蹄疫が拡大、4割の子牛を宮崎から仕入れている滋賀県でも仕入れがストップするなど生産への影響が出ています。県は17日、県内の全畜産農家に感染防止用の消毒薬を無償提供することを決定。感染防止には農場に出入りする人の足元や ...(続きを読む)


種牛ショック、宮崎は残り6頭に…口蹄疫
‎12 時間前‎
宮崎県で拡大する家畜伝染病「 口蹄疫 ( こうていえき ) 」で、ついに種牛にも被害が及んだ。防疫対策を取っていた宮崎県高鍋町の県家畜改良事業団で、感染の疑いが発生。肉牛の生産が盛んな九州各県も、ブランド牛の種牛を守るため警戒を強めている。 ... (続きを読む)



口蹄疫の家畜はなぜ食用にしないのでしょうか?
口蹄疫の家畜はなぜ食用にしないのでしょうか?口蹄疫が流行し、数万頭規模での殺処分が行われ、経済的な損失も膨大です。かつて、イギリス(アイルランド?)でも大流行したことがありますが、そのときには感染した家畜は「食肉処理」されたと記憶しています。日本では殺処分された家畜は全て土中に埋めてしまうという処置が行われていますが、口蹄疫はヒトには感染せず、過熱することでウイルスは死滅するにも関わらず、食肉加工処理がされないのはなぜでしょうか?豚や牛の蓄肉加工食品にすれば少なからず経済損失は減免できそうな気がするのですが、有無を言わさず殺処分・土中投棄とされる理由を教えてください。(続きを読む)



posted by パソコンニュース at 04:45| パソコンニュース